「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

BuRu is AppleMango!「アップルマンゴー」とは?たった2ヶ月で600万稼いだ話

面白いサイトを見つけた。

buru-manga.com


たった1つのwordpressで作ったサイトで、2ヶ月で月商1000万円、利益で600万円を叩き出した山村さんという人の話。

ビジネスの本質について、アップルのスティーブジョブズやシャープの副社長である佐々木正の言葉を交えながら描かれている。

漫画形式で書かれており、グイグイとストーリーに引き込まれる。

内容も面白かったけど、何より「見せ方」が面白いと思った。

「漫画」というだけで読み進めてしまう。

もしこれが、無料オファーなどによくある長ったらしいランディングページの形式で書かれていたら、たとえ内容や言っていることが同じだったとしても、パッと見て閉じていたと思う。

たとえばこんなやつ。

http://fukusc.com/osseminar/lp1a/index.html

このページを開いてどう思ったか・・・「またか」「胡散臭い」。

もしこの胡散臭いオファーがインチキじゃなくて真っ当なビジネスのものだったとしたら、非常にもったいないことをしてると思う。

胡散臭いセールスレターみたいなのは、もうやめたほうがいいんじゃないかな?

コピーライティングだか影響力だか知らんけど、この手のオファーの仕方に、もうみんな飽き飽きしてると思う。

コピーライティングが読み手を誘導するするための強力なツールだとしても、もう巷に溢れすぎてしまって陳腐化してるっていうか。

右を見ても左を見ても、みんな同じようなセールスレターばかり。こんな状況の中、コピーライティングを駆使して書いたとしても、まずページを開いた直後に閉じられると思う。

腕を組んだ偉そうな男の写真に、締め切りまでの時間を示すタイマー。大げさなキャッチコピーに嘘くさい体験談。こんなんばっかり。

こんなものが溢れかえってる状況では、読ませるためには今回の「BuRu is AppleMango!」のように、見せ方をガラリと変えるということがとても効果的やと思う。

パッと見て他と違うだけで「何や?」って気を惹かれるし、ついつい読み進めてしまう。タイマーもいらんし、腕をくんでる威厳を示すような写真もいらん。

この漫画の続きを読むためには登録フォームにメールアドレスを入力する必要があるけど、ぼくは何のためらいもなく登録した。

きっとこの漫画自体がプロダクトローンチの導入部でありメールアドレス取得のためのランディングページなんやろうけど、うまいこと作ってるなーって思った。

漫画の続きも楽しみやけど、この山村さんっていう人がこの漫画を使ってどのようにプロモーションを展開していくのか、それ自体が非常に勉強になりそうで楽しみ。

サテライトサイトの質を上げることがSEOにどのように影響するか

昨日質問したことについて、先生から返事がきた。

その質問の内容とは、

「サテライトサイトを執筆するにあたって、ぼくは力を入れすぎてはいないか」

「ぼくの現在の作業スピードで大丈夫か」

といった内容。サテライトサイトに力を使いすぎて疲れてきてたため、ある意味力を抜いたほうがいいのかと思っていたので。

それに対する先生からの答え。

「サテライトサイトの質を上げるとリンクパワーの質も上がるので、外注に適当に任せるような記事よりもしっかり自分で作成したほうが良い」

「経験上、記事にこだわっていない質の低いサテライトサイトは上位表示しにくいことが多い」

「質の低いサテライトサイトを数多く作成するより、少数でも質の高いサテライトサイトを作成するべき」

「質の低いリンクを数多く送ることは、ペナルティの危険性も高まる」

「記事を書く労力が大きすぎるなら、外注を使うことも視野に入れても良い」

「外注を使うなら、丸投げではなくて納品した記事に手を加えて整える」

「外注を使うタイミングは、できるなら収益が上がってから」

「〇〇さん(ぼくのこと)が書いた記事は読みやすくて修正するべき点も少ない」

「適当に記事を書いても、結局手直しで時間がかかってしまっては意味がないので、今の調子でしっかり書いたほうが良い」

といった感じ。つまり、今は記事作成に多少時間がかかっているとしても、内容は良いし修正する箇所も少ないので、問題ないとのこと。

その上で、記事の質を落とさずにスピードアップができればなお良い、と。

アフィリエイトのキャリア10年以上の先生にコンテンツを褒められて、自信がついた。また、ぼくの作業スピードも先生が想定してる範囲ということで、安心した。

現在のところ、外注はまだ使わずに記事を書いていこう。

やばい。アフィリエイトの作業が苦行になってきた

■現在の状況

f:id:nqj17599:20170327184601g:plain

・1つ目のサイト

現在のページ数:9

・2つ目のサイト

現在のページ数:12

■作業内容

・「2つ目のサイト」の子ページを作成

■気づき

やばい。疲れてきた。

記事を書くのもリサーチするのも好きやから、絶対に作業を継続できると思ってたけど、

最近なんかしんどい。不安。

現在は「2つ目のサイト」を作成中で、まあ順調に進んでるけど、記事作成にちょっと力を入れすぎ?な感がある。

「2つ目のサイト」はメインサイトへリンクを送るサテライトサイトであり、アフィリリンクは貼らない。つまり、報酬が発生することのない純粋なお役立ちサイト。

そんなサイトに、力を入れて取り組みすぎて疲れた感がある。

もちろん、先生が提示してくれた工程通りに作業してるんで、無駄な作業ではないんやろうけど、力を入れる場所を間違ってるんじゃないか?な感がある。

この心情を先生に吐露した。返事待ち。

コンサルが始まったのが今年の1/14。もう2ヶ月半が経つけど、まだ2サイト目。しかも2サイトともサテライトサイトで、アフィリリンクすら貼っていない。

この調子で大丈夫??サテライトサイトごときに全力を出して執筆するというこの苦行がいつか実を結び、やがて作成することになるメインサイトの報酬を爆発させるのだろうか・・・

今はまったく先が見えない。

流されるなら読むな

昨日の最後に書いたことと関連する話。

最近、アフィリエイターのtwitterやブログなどで「6ヶ月で100万達成!」などといった成果報告をよく目にする。成果を出すに至るまでの、やったことや工夫したことなどが綴られている。

で、ぼくは、

ホワイトハットで成果を出している人の体験談を読むと「やっぱりこれからはホワイトハットやな!」と思い、

ブラックハットで成果を出している人の体験談を読むと「リンクを送りまくる方法は今でも通用するんやな!」と思ってしまう。

そんな今日この頃。

情報に翻弄されてしまう。これは危険。

あくまでも、その人がその方法で結果が出たというだけで、みんながその方法で結果が出るというわけじゃない。SEOやアフィリ手法に「これが正解!」というのはない。

・・・って、わかっててもすぐに流されそうになる。

他のアフィリエイターの成果報告や体験談から得られることはただひとつ、「成果を出すために色んなやり方がある」ということだけ!それがわかるだけで十分。

ブラックでスピーディーに成果を出す人もいれば、ホワイトで忍耐強くじわじわと上げていく人もいる。色んな考え方やスタンスの人がいて、それぞれ色んな手法を試して、自分なりのスタイルを身につけている。その人に合ったやり方があって、幾通りもの稼ぐ方法がある。

ってことがわかれば、それで良い。あくまでもそれらは「事例」であり、「答え」じゃないってこと。多くの「事例」に触れることで、自分に問いかけるきっかけを得る。それだけで良い。「答え」を探そうとしたらアカン。

そういう読み方ができないなら、他人の成果報告なんかは見ないほうが吉。情報に惑わされて混乱するだけ。

って、最近自分に言い聞かせてる。

たぶん、情報に呑まれて挫折する人って多いと思う。ぼくも気をつけないと。

他のアフィリエイターの成果報告や体験談に翻弄されるな!

■現在の状況

f:id:nqj17599:20170327184601g:plain

・1つ目のサイト

現在のページ数:9

・2つ目のサイト

現在のページ数:11

■作業内容

・「2つ目のサイト」の子ページを作成

・wordpress諸設定

・プラグイン追加

■気づき

久々の投稿。

この1週間ほど、「2つ目のサイト」の子ページをシコシコと作成。1500〜2000文字くらい。

wordpressテンプレートは「gush」。無料。

本当はsimplicityとかのほうが使いやすいけど、メインサイトでsimplicityを使うかもしれないので今回はgushを。

SEO的に念のため、サイト群の中で使うテンプレートをばらしておくという考え。先生に質問しても、理想はテンプレートは被らないほうが良いとのこと。リンクを送った後のペナルティ対策として。

「1つ目のサイト」はaffinger、「2つ目のサイト」はgush。あと何個サイトつくるのかわからんけど、メインサイトには賢威かsimplicityを使う予定。

バックアップ用として、プラグイン「BackWPUp」をインストール。

目次用として、プラグイン「Table of Contents Plus」インストール。

■課題・疑問

他のアフィリエイターの成果報告や体験談に翻弄され気味。揺らぐな!

今はとにかく、コンサルを受けてるんやから先生のいうことを愚直に信じて行動するのみ。

複数の記事がいきなり大幅にランクアップ!!

よっしゃ!!

3/17、「1つ目のサイト」の子ページの検索順位が急上昇!

f:id:nqj17599:20170317112258p:plain


3/2に9個目の記事を追加して以来、ずっと放置。被リンクも一つもつけてない。

今までずーっと100位から200位のあたりをウロウロしていたけど、ここに来ていきなり複数の記事が50〜90もの大きなランクアップ!

今まで300位以内にすらランクインしてなかった記事が、初登場で22位になってるものもある。

いやー、うれしいなあ!毎日順位チェックしながら「順位上がらんやんけ」って思ってたから。どうせ順位上がらんし、計測するの面倒やしやめようかとか思ったり。でも、こういう時が来るんやなあ。

まあ、検索順位は昇降を繰り返すもんなんで、明日はまたどうなるかわからんけど。一気に下がるかもしらんし。

これから手持ちの無料ブログでリンクを貼っていったら、さらに上がるんやろうなあ。楽しみ。

ここで、「1つ目のサイト」の記事を入れたタイミングなどを記しておこう。

2/1

1つ目の記事を入れ始める。

2/18

5記事が揃い、先生の指示通りの規模のサイトが完成。

2/26

都道府県展開の記事を入れ始める。

3/2

都道府県展開の記事を4つ入れ終わる。

1つ目の記事を入れ始めた2/1から数えて、1ヶ月半。

9つの記事が揃った3/2から数えて、2週間。

「2つ目のサイト」作成のカギは、モチベーション維持・・・

■作業内容

・「2つ目のサイト」の子ページを作成

リサーチして組み立てた記事構成をもとに。

■気づき

「2つ目のサイト」

リサーチした内容をまとめたマインドマップを元に、子ページの1つを記事作成。試しに。

よし、いい感じ。2000文字ほどの記事が結構スラスラ書けた。汗をかいてリサーチをしたおかげやな。

「1つ目のサイト」はページ数が少なかったけど、不動産売却の専門用語やら難しい事柄を扱う必要があったから時間がかかった。リサーチや情報収集にも、執筆にも時間がかかった。

でも「2つ目のサイト」は不動産売却とは直接関係のない話で、難しい言葉も概念もない。だから書きやすい。

■課題・疑問

この調子で1日1記事書けたらいいけど。書けたとしたら、1ヶ月以内に「2つ目のサイト」の記事が揃う。

難点は、「報酬に直接結びつかないサイト」ということで、モチベーションの維持が難しい。だれ気味になる。しっかり自己管理をしないと。