「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

LFMプレップが再販って本当??そして浜本さんのキーワードセミナー再視聴

2016年7月に販売終了した「LFMプレップ」が再販されたとかいう情報を得たけど、公式ページにはその旨については書かれてなかった。一体どうなん?ほんまに再販されたんやったら、買いたい。

その代わり、LFMプレップの塾サービスのようなものがあるらしいことがわかった。でもこれは2月に募集終了。2017年2月から10月までの8ヶ月間で、かなり濃い内容のサービスが受けられる模様。

80万円弱という恐ろしい値段やけど、きっとそれに見合う価値があるんやろうなー。LFMの予備校的な位置づけにあるLFMプレップ。興味あるわー。ザンワーズの太田さん、すごい人やもんな。

でもまあ今は、コンサル受けてるからええけど。ある程度稼げるようになったら、拡大させるためにいつかはLFMに入りたい。

そんなことを思いながら、数ヶ月前に購入したLFMの浜本さんのキーワードセミナーの動画を見直し。これ、おそらく現在の時点で唯一普通に購入できるLFM関係の商品なんちゃうかな?LFM-TVも売ってないし。

今まで何回も視聴してきたけど、いやーやっぱり見るたびに発見や気づきがある。数回見ただけでは、浜本さんの頭の中を理解したことにはならん。

この人の話は抽象的やから、見る人のレベルによって気づきのレベルも変わってくるんやと思う。自分が成長すれば、得られるものも多くなる。抽象的な話には奥行きと、広がりがある。

このキーワードセミナーの動画は、2014年(2012年やったかな?)くらいのセミナーを収録した内容で、ディセンシアっていう美容案件の事例を取り上げてる。

これを、自分が今取り組んでいる不動産売却案件に置き換えながら視聴した。こうやって置き換えられるのも抽象的ゆえのメリット。ほんで、置き換えのプロセスによって思考も鍛えられる。

今回、視聴して改めておもしろいなーと思ったのは、あの超スーパーアフィリエイターの浜本さんでさえも「強豪だらけの場所でSEO勝負はしない」ということ。

ビッグキーワードで被リンクゴリゴリで上位表示させるんじゃなく、いかにブルーオーシャンを探して戦わずに稼ぐか。こういうのって弱者の戦略やと思ってたけど、浜本さんでもこの戦い方を選ぶんやなーと。むしろ、この戦い方を突き詰めることによって、報酬を爆発させてるのか。そう思った。

で、その具体的な方法や考え方、キーワードの探し方についても語ってくれてる。美容案件を事例として取り上げて説明してくれてるから、そういう意味では具体的。

「アフィリエイターの仕事は、広告主がリーチできない層の客をつかまえること」

だから、商標でサイトをつくっても広告主の客を横取りしてるだけ。広告主が立場的に言えないことや使えない切り口を使って、送客するからおもしろい。それがアフィリエイターの役目。広告主にも喜ばれる。

「悩みの解決法を知っている人と、知らない人」

多くのアフィリエイターは、「悩みの解決法を知っている人」ばかりをターゲットにしてサイトをつくっている。たとえば「美白」や「アンチエイジング」などのキーワードを軸にして。だから内容がかぶるし、ライバルだらけ。

そうじゃなく、「悩みの解決法を知らない人」をターゲットにする。悩んでいるけど、どうやって治したらよいのかわからない人。その状態を放置するとどうなるのか、危機感を持っていない人。漠然と、治したいと思ってる人。

そのような人が、どんなキーワードを打ち込んで検索するか?ここを考える。そして「その状態を放置しておくとこうなりますよ、だからこの方法で治しましょう」と訴求する流れをつくる。

たとえば、「シミ 消したい」「目の下 たるみ」などのキーワード。シミを消したいとは思ってるけど、その方法は知らない人。

また、「シミ 隠す」など。シミを消せることを知らない人。隠すしか対処法がないと思っている人。その人に、「シミは消すことができますよ、この方法が有効です」と気づかせてあげる。

これらは、「美白」とか「アンチエイジング」よりも、抽象度が高い検索ワード。「美白」とか「アンチエイジング」は、解決する具体的な方法。抽象度は低い。

抽象度を上げると、色んなキーワードが見つかるし、切り口も無数に増える。その代わり、成約までの距離が遠くなるから、きっちりと案件に結びつくようなコンテンツを用意する必要がある。橋をかけてあげる作業。

この「抽象度」という言葉が、浜本さんのセミナーやブログなどでよく登場する。「俯瞰」という言葉も。俯瞰するということと、抽象度を上げるということは同じ意味。

地図でいうと、「城東区」を俯瞰すると「大阪市」。さらに俯瞰していくと「大阪府」「近畿」「日本」「アジア」となり、抽象度が上昇。

「城東区」という具体的なキーワードでサイトをつくってもライバルだらけ。抽象度を上げ、穴場を見つける。そして案件へと「接続」する。

ってな感じの話。しっかしまあ、勉強になるわ。