読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

検索結果の1ページ目にQ&Aサイトが多数出てくるキーワードは、ライバルが弱い?

「検索結果の1ページ目にQ&Aサイトが多数出てくるキーワードは、ライバルが弱い」

先生との質疑応答の中で得た、ひとつのヒント。

検索結果の1ぺージ目にアメブロとかシーサーブログなどの無料ブログが多いキーワードも当然ライバルが弱いと言えるけど、同様にYahoo!知恵袋や教えてgooなどのQ&Aサイトが表示される場合も狙い目キーワードとしての目安になる、とのこと。

このことについて2つの側面から理由を教えてもらった。

1.Q&Aサイトはそんなに強くない

強いアフィリエイトサイトがいる検索市場には、Q&Aサイトの順位は下がっていることが普通。

なんだかんだ言っても、被リンクの数が上位表示に与える影響はいまだに強く、そのようなアフィリエイトサイトがQ&Aサイトを押しのけて上位を占めることが多い。

よって、Q&Aサイトが検索結果の1ページ目に表示されるということは、強いアフィリエイトサイトがいないということ。

2.googleは検索結果に多様性を求める

googleは同じような内容の記事を検索結果に表示することを嫌う。ユーザーにとって、様々な異なる情報を選択肢として与えたいと思っている。

それを踏まえた上で「検索結果の1ページ目にQ&Aサイトが複数表示される」ということは、どういうことなのか?を考えてみよう。

本当なら、googleは検索結果にYahoo!知恵袋を2件も3件も表示することは不本意であるはず。でもそうせざるを得ない理由があるということ。つまり、「他に有益な情報を返しているサイトがない」ということ!

これは、検索結果の1ページ目に入り込む隙があるという何よりの理由。しっかりとしたコンテンツをつくれば、上位表示させやすいはず。

・・・以上の2つの理由から、「検索結果の1ページ目にQ&Aサイトが多数出てくるキーワードは、ライバルが弱い」ということがいえる。とのこと。

で。

先生に選定してもらったキーワード「マンション〇〇」。このキーワードをもとに「2つ目のサイト」をつくるわけやけど、この「マンション〇〇」がまさに強いライバルがいないキーワード。Q&Aサイトばかりが表示される。

でも、いくらライバルが弱いキーワードを見つけてサイトをつくったとしても、実際に検索されないと意味がない。

この「マンション〇〇」というキーワードは、月間検索回数が2400。2語の複合ワードでも200〜500くらいのものがいくつかある。

これはかなり検索回数が多いキーワード。このキーワードをもとにきちんとサイトをつくれば、かなりのアクセスを見込めるはず。

「検索回数が多いにもかかわらず、ライバルが弱いキーワード」これを選定した先生。さすが!

キーワード選定をしてくれる、このコンサルはほんまにありがたい。キーワード選定を誤ると、そのあとの作業が徒労に終わってしまう。

確かに失敗も貴重な経験やけど、報酬体験を早い段階で得るということも大事やと思う。挫折してしまわないために、という意味では。

ゆくゆくは自分でもこのようなキーワードを選定できる能力を身に付けたい。