「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

メインブログにプラグインを続々と実装

■現在の状況

f:id:nqj17599:20170510190935g:plain

・1つ目のサイト

現在のページ数:9

・2つ目のサイト

現在のページ数:22

・3つ目のサイト

現在のページ数:5

■作業内容

・プラグイン導入

・用語ページ作成

・google analytics導入

・search console導入

■詳細

・プラグイン導入

「3つ目のサイト」メインブログに入れたプラグイン。

Jetpack
AddQuicktag
Table of Contents Plus
Popup Builder
Speech bubble
Shortcoder
Shortcodes Ultimate

「Jetpack」は、使いやすいアクセス解析や豊富なウィジェットなど、いろいろ使い勝手がよいものが揃ってるパッケージ。いつもとりあえずインストールする。

「AddQuicktag」は、タグを登録しておいてボタン1つで呼び出せるプラグイン。定型的に使う長いタグや複雑なタグを登録しとくと、わざわざ打ち込む手間が省けて効率化アップ。

「Table of Contents Plus」は、目次を自動的に挿入するプラグイン。めちゃ便利。ウィジェットとしても使えるので、サイドバーにも挿入できる。

「Popup Builder」は、今回のメインブログに欠かせない「ポップアップ」を実現するプラグイン。用語の説明をポップアップで表示するために使用。英語版しかないにもかかわらず、直感的に使えてカスタマイズも簡単で、使いやすい。

「Speech bubble」は、吹き出しを表現するプラグイン。わかりやすいコンテンツを目指すために、キャラを登場させて「対話形式」を挿入する。そのためのプラグイン。

賢威7に最初からついている「吹き出し機能」よりも、デザインの種類が多くて遊び心がある。facebookのメッセンジャー風や、LINE風の吹き出しなど、デフォルトで9種類あり、cssでカスタマイズも可能。

でも手軽に使えるのは、賢威7の吹き出し機能かな。

「Shortcoder」は、使い回すパーツを作成するときに使用。賢威7の「共通コンテンツ」と同類。でもspan属性で使えるShortcoderのほうが応用範囲が広い。と思う。

「Shortcodes Ultimate」は、たまたま発見したプラグイン。いろいろ面白そうなことがいっぱいできる。まだキチンと使ってないんで、また後日にでも。

それにしても、wordpress立ち上げ時はほんまに楽しい。楽しすぎる。プラグインを入れて形にしていくだけで楽しい。コネコネとカスタマイズとかして、相当面倒臭いことしてるはずやのに、全然面倒くさくない。

あと、All in one SEOとか、なにかバックアップ用のプラグインも導入予定。

・用語ページ作成

先日から作成していた用語説明コンテンツを、wordpressにブッこんだ。合計で4個。プラス、用語説明コンテンツを包括する親ページを含めて、5ページ。

吹き出しによる対話形式、ポップアップなどを実装して、どのような感じになるか?をつかむためのテストも兼ねて。結果、かなりわかりやすくてユーザビリティの高いコンテンツになった。自分で言うのもなんやけど、めちゃ親切。

用語説明ページだけでも、数十個のページが作成できそう。不動産売却は難しい用語がたくさんあるから、やりがいがある。

・google analytics導入

・search console導入

この2つは、メインブログやからこそ導入。今までのサテライトサイトには入れなかった。自演リンクがバレる可能性が高まるから。先生にも確認をした。