「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

極黒アフィリエイトで推奨されているスペックの中古ドメインが買えませんでした

中古ドメイン争奪戦に負けました・・・

 

火曜日の朝1000。「中古ドメイン販売屋さん」に大量の中古ドメインが補充されます。

 

このタイミングを狙えば安価で質の高い中古ドメインを手に入れることができるわけですが、負けました・・・

 

極黒アフィリエイトで推奨されている中古ドメインのスペック

 

極黒アフィリエイトでは中古ドメインを使用します。新規ドメインは一切使いません。

 

中古ドメインは「中古ドメイン販売屋さん」や「ザンワーズ」で購入することになりますが、中古ドメインを選ぶ基準も極黒アフィリエイトのマニュアルに示されています。

 

極黒アフィリエイトで重視する中古ドメインのスペックはDA(ドメインオーソリティー)とBLD(バックリンクドメイン)です。

 

DAが○○以上、BLDが○○以上のものを選びましょう、と明確に指示してくれています。

 

MOZを使ってこれらのスペックを精査するわけです。精査しやすいためのExcelのテンプレートも用意してくれています。

 

目当ての中古ドメインが一瞬でなくなる・・・

 

1/23(火)の1000ごろ、中古ドメイン販売屋さんにログインしてみると・・・たしかにたくさん補充されていました。

 

極黒アフィリエイトのマニュアルにそってMOZで精査してみると、基準を満たす中古ドメインがいくらか見つかりました。

 

しかし・・・精査している間に、目当ての中古ドメインが買われてしまいました。こんなに競争が激しいなんて・・・

 

もっと早い時間帯からスタンバイしとけばよかったです。数分で勝負が決まるようです。

 

中古ドメインの購入は妥協が大事!でも・・・

 

極黒アフィリエイトで推奨されている中古ドメインの基準より、少し数値が低いものはいくらか残っています。

 

これを買うか?それとも、来週の火曜日まで待ってまた勝負するか??

 

・・・中古ドメインの購入には妥協が必要だということは散々聞かされてきましたが、いざこうなると悔しくて来週まで待ちたくもなります。妥協したくないっていうか・・・

 

基準を満たす中古ドメインが当たりドメインという保証はありませんし、基準より低くても当たりはあるでしょう。そもそも「基準」は人によって違います。

 

さっき色んな教材やレポートなどを見返してみたんですが、人によって中古ドメインを選ぶ基準は様々であることに改めて気付かされました。

 

  • PR(ページランク)と被リンクドメイン分散数を重視する人
  • 被リンクドメイン分散数だけを重視する人
  • DAとPAを重視する人
  • 日本語で運営されていたドメインを最優先する人
  • アメリカと敵対関係にある国のドメインは買わない人
  • 数字だけのドメイン名のものは買わない人
  • 2000円以上の中古ドメインは買わない人

 

などなど・・・

 

それぞれ基準は違っても、みんな結果を出している人たちです。

 

ということは、「絶対に極黒アフィリエイトの基準の中古ドメインを買わなければいけない」というわけでもないな、とも思います。基準はあくまでも基準。

 

中古ドメインの精査ばかりに時間をとられて、肝心の作業ができなくなるなんて本末転倒・・・

 

こんな記事書いてる間にも、中古ドメインがどんどん取られていくかもしれんし・・・

 

うう・・・