「アフィリエイトで月収100万円を1年以内に稼がせるコンサル」を受けた人が綴るブログ

サイトアフィリエイトで月収100万円を達成するまでの物語。達成した時点でこのブログは終了します。

PPCで月20万達成!Yahoo!が厳しくなった2018年、今こそチャンス

 しばらくこのブログを書いていませんでしたが、8月はPPCに取り組んでいました。

 

で、発生20万達成!Yahoo!のスポンサードサーチのみです。YDNは使っていません。googleアドワーズも使っていません。

 

f:id:nqj17599:20180903122020p:plain

 

↑が「afb」で、

 

f:id:nqj17599:20180903122026p:plain

 

↑が「とあるASP」です。

 

かかった広告費は43570円です。

 

f:id:nqj17599:20180903132656p:plain

 

この8月の作業と結果から学んだことについて、書いておこうと思います。

 

 

情報や風潮をうのみにせず、自分でやってみる 

 

「もうPPCはアカン」という風潮・・・うのみにせず、疑ったほうがいいと思います。やってみないとわからないことってたくさんあります。

 

2018/4/18Yahoo!の広告掲載基準が更新されたことにより、審査が通りにくくなったのは事実だと思いますが、まだまだスポンサードサーチだけでもいけます。

 

むしろ稼ぎやすくなっているのでは?とすら思えます。ずっとPPCで稼いでいた人もSEOに切り替えたりしているようですし、そんな感じで多くの人が撤退しているので、ライバルが減っている今こそチャンスなのかもしれません。

 

実際に出稿してみるとわかると思いますが、300文字にも満たないペラペラなコンテンツでも余裕で審査に通ります。

 

そこにはアカウントの品質なども関連してくるので、全ての人が簡単に審査に通るというわけではないようですが、他の人の体験を聞いていても世間で言われているほど厳しくはないのではないかと思います。

 

また、少ない文字で審査に通すには少し工夫がいるというか押さえておくべき点があります。それについてはまた後日に書こうと思います。

 

ライバルが減っているそんな状況なので、広告を通すことさえできれば、余裕で勝負できます。いや、勝負にすらなりません。独壇場になりえる場所もあります。

 

商標での出稿が完全にOKな「とあるASP」ですが、ここなんて誇張じゃなく本当に一人勝ちです。誰も商標で出稿していないんです。

 

Yahoo!が厳しくなって、出稿する人(できる人)が減ったのかもしれません。厳しくなる前には、このASPの商標でバンバン出稿されていたのかもしれません。

 

いずれにしても、やり方によっては2018年もまだまだYahoo!のスポンサードサーチだけで簡単に稼ぐことは可能ということです。月10万くらいなら本当に余裕です。

 

偏見を捨て 、工夫して捉え方を変えてみる

 

今回20万円発生したのはPPCの「とある手法」を実践した結果なんですが、じつはその手法は前から知っていたんですね。

 

しかしながらぼくはその手法にずっと偏見を持っていて、今まで避けていたんです。

 

  • 「初心者がやることだ」
  • 「初心者がみんなやってるからライバルだらけで稼げない」
  • 「そんなペラペラなコンテンツは審査に通らない」

 

こんな感じです。

 

でもこの手法を少しひねってアレンジし、別の角度から捉えることでこれらの偏見はあっさりと吹っ飛びました。そしてあっさりと審査に通るし稼げます。

 

何事も工夫したり視点を変えてみれば、稼げるチャンスはあるんだと実感しました。狭い視点だけの食わず嫌いはダメですね。 

 

難しいことをしないと稼げないわけではない

 

先ほども書いたとおり、今回おこなった手法に対して「初心者がやることだ」という偏見を持っていたわけですが、これを言い換えると

 

  • 「自分は初心者じゃないんだから、もっと難しいことをやるべき」
  • 「簡単なやり方は飽和していてるので、差別化するためには難しいことをしなければいけない」

 

という感じです。そういう信念があったんです。

 

「難しいこと」をするために必要な色々な知識やテクニックを(中途半端に)持っているおかげで、延々と「難しいこと」をやっていたわけです。このブログでずっと綴っている、不動産売却ジャンルの大規模サイト構築なんかもそうですね。

 

「これだけ難しいことをやっているんだから、差別化になるしいつか稼げるだろう」と思っていました。

 

でも、「難しいこと」と「稼げる」はイコールではないんですね・・・当たり前ですが。

 

リサーチしてユーザーの悩みを知って、頑張ってコンテンツを書いてそれを毎日毎日積み上げて、写真やイラストも工夫してユーザビリティも工夫して・・・

 

・・・ってやっても稼げないものは稼げないんです。

 

ぼくは、いつしか「難しいことをする」ことが目的になっていたような気がします。そこに満足感や達成感を覚えるようになっていたんですね。

 

でも本当の目的は「稼ぐ」です。そのためにするべきことは、必ずしも「難しいこと」というわけではない・・・それを思い知りました。

 

  • 「できることだけをやる。できないことはやらない」

 

これはもう販売停止になってしまった「informal affiliate」という教材が提示していたメッセージですが、まさにコレを体感しました。

 

無理して「難しいこと」をするんじゃなくて、「できること」だけをやる。とにかく手を動かす。

 

初心者にもできるような「簡単にできること」に少し手を加えたり角度を変えることのほうが、「難しいこと」をやるよりも価値がある場合もあるんでしょう。

 

だってこんなに簡単に稼げるんだもん・・・

 

今までの苦労はなんだったんだろうか・・・

 

大事なのはメンタル的な部分

 

この手法は本当に簡単なので、頭はあまり使いません。が、その代りにメンタル的な要素や覚悟は必要なのかなと思います。

 

まず、どれぐらい簡単なことをやっているのかというと、

 

  • リサーチなし
  • 300文字程度
  • コピペのみ

 

こんな感じなんで、1ページ作成するのにかかる時間は5分程度です。コピペのみっていうか、「コピペ以下」です。

 

特別なツールを使用しているわけではありません。えげつなく優秀なテンプレートは使っていますが。

 

頭を使う部分と言えば、案件選定ぐらいでしょうか。検索回数や販売ページをチェックして、売れそうかどうかをざっくりと判断するぐらいはやっています。

 

あとは出稿したあと、無駄なクエリを省くためのメンテナンスは徹底的におこないます。ここには時間と頭を使っています。広告費のパフォーマンスを上げていくにはこの作業は欠かせません。

 

頭を使うことはそれぐらいです。それよりも大事な覚悟とかメンタル的な部分は、

 

  • 恐れず広告費を投入する(リスクを負う)
  • 毎日とにかく手を動かす

 

まあ、言葉にすればこれだけなんですが、結構できない人が多い部分なんじゃないかと思います。

 

もし売れなくても、「この案件は売れない」というデータが得られますよね。そう思ってバンバン広告費を使わないといけません。これには覚悟がいりますが、自分を信じるしかありません。

 

  • お金で時間を買える(時間を短縮できる)

 

というのが、PPCアフィリの大きな武器のはずです。であれば、お金(広告費)をどんどんかけないと意味がありません。

 

かければかけるほど、データが集まる時間を短縮することができます。失敗事例すら、貴重なデータです。広告費をかけないと失敗事例すら集められません。

 

あとは毎日手を動かす。作業の時間をつくる。根気がいることではあります。

 

ぼくはこの手法の作業が苦痛ではなく、むしろ宝探しのように楽しんでできるので余裕で毎日作業できましたが。作業しないほうが気持ち悪くて耐えられません。